ベンチャー社長逮捕でNHK放送内容変更

 4億3100万円にのぼる助成金をだまし取ったとして、東京地検特捜部は「PEZY Computing(ペジーコンピューティング)」代表取締役の斉藤元章容疑者(49)らを詐欺容疑で逮捕しました。

 ペジーコンピューティングはスーパーコンピューターを開発しているベンチャー企業で、2010年1月に設立されました。同社が開発したスーパーコンピューター「暁光」は、11月に発表されたスーパーコンピューターの計算速度世界ランキングで4位を記録するなど、国内外で高く評価されていました。

 同社は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、2010~2017年の間に5つの事業で助成金を受け取っていたのですが、その中で費用を水増しした虚偽の報告書を使い、助成金をだまし取っていたと言う事です。

 社長の斉藤元章容疑者は、11日にNHKで放送される「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演する予定でしたが、逮捕を受けてNHKは放送内容を差し替えるそうです。