みどりの風が解党届け出

みどりの風(谷岡郁子)は5日、11月29日付で政治資金規正法に基づく政党ではなくなった、という解党の届け出を総務相に提出しました。
同党に所属していた前衆院議員3人が日本未来の党に合流したため、みどりの風に所属する国会議員は参院会派を設立した際の参院議員4人のみとなり、同法が政党の要件として定める、党に所属する国会議員が5人以上と言う条件を満たさなくなったためです。

社会保障と税の一体改革関連法案の可決をうけて、民主党を離党した谷岡郁子、舟山康江、行田邦子の3名と、先に国民新党を離党した亀井亜紀子の4名の参議院議員によって参議院の院内会派として2012年7月17日に結成されました。その後2012年11月15日に、民主党を離党した山崎誠衆議院議員が合流したことにより政党要件を満たし、同日に新党設立を総務相に届け出を行い、新党結成を発表しました。衆議院解散後、民主党所属であった前衆議院議員の福田衣里子と初鹿明博も離党して合流していました。

みどりの風の主張は日本未来の党と近いので、合流してしまえばいいと思っていたのですが、何故しないのか?。大人の事情という奴でしょうか?。