家電出荷額、白物がデジタル逆転

日本電機工業会(JEMA)が18日発表によると、2012年度の白物家電の国内出荷額は前年度比0.5%増の2兆2166億円だったそうです。これによって白物の出荷額は3年連続で2兆円を超え、2002年度以来10年ぶりにデジタル家電の出荷額を逆転することになりました。

エアコンは金額が1.7%増の6719億円、台数は2.6%増の852万台。掃除機は金額が7.6%増の1118億円、台数は1.6%増の539万台。最も伸びたのは空気清浄機の13.9%増で747億円。出荷台数は18.1%増の約299万台で4年連続で前年度を上回っています。

空気清浄機は花粉症への対応で注目を集め、売り上げを伸ばしていました。しかし、最近さらに注目されるようになってきたのは中国からの汚染物質の飛来です。黄砂と、そして大気汚染物質。特に中国でスモッグにかすむ都市の映像などが流れ、PM2.5の話題が取り上げられると急激に売り上げが伸びたようです。汚染物質の発生元である中国でも事情は同じようで、日本メーカの空気清浄機の売り上げは5割増から倍増となっているそうです。確かにあのスモッグの映像を見たら、すぐにでも空気清浄機が欲しくなるでしょう。