ユーチューブ、北朝鮮宣伝サイトのアカウントを停止

 動画投稿サイトの「ユーチューブ(YouTube)」が、北朝鮮の宣伝サイト「ウリミンジョッキリ(わが民族同士)」のアカウントを停止しました。

 ウリミンジョッキリは、北朝鮮の核開発やミサイル発射を誇示したり、金正恩朝鮮労働党委員長を賞賛したり、アメリカを威嚇するような動画を次々と投稿していましたが、9日にチャンネルが閉鎖され、動画も視聴できなくなっています。

 ユーチューブはアカウント停止の理由を「コミュニティーガイドライン違反があったため」と説明していますが、詳細については触れていません。ただ、北朝鮮はこのアカウントから広告収入を得ており、これがアメリカの対北朝鮮制裁に抵触する恐れがあるので、それが理由かも知れません。

 ただ、ウリミンジョッキリが配信する動画は、北朝鮮の兵器開発等について専門家が推測するための数少ない材料の一つで、閉鎖によって北朝鮮の動向追跡が難しくなる可能性があります。

 なお、ツイッターやフェイスブックのアカウントはまだ閉鎖されていないようです。

サンクトペテルブルクの地下鉄で自爆テロ

 ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで3日午後2時40分(日本時間同8時40分)ごろ、走行中の地下鉄車両で爆発が起きました。

 同国のスクボルツォワ保健相によると、4日現在死者は14名。負傷者は子供も含めて49人だそうです。

 爆発が起きたのは、サンクトペテルブルク中心部の地下鉄センナヤ広場駅と工科大学駅の間。サンクトペテルブルクの地下鉄は走行を全面停止し、全ての駅を封鎖しました。

 この件に関して、インタファクス通信が伝えたところによると、4日にキルギス治安当局が、同国出身の容疑者が自爆テロを実行したとの見方を示したそうです。ロシアの連邦捜査委員会も4日、自爆テロとの見方を示しました。

 ロシアのメディアによれば、容疑者はキルギス南部オシ出身のアクバルジョン・ジャリロフ(22)。ロシア国籍を取得し、サンクトペテルブルクには6年以上住んでいると言う事です。

 ロシアで自爆テロ、と言うと、やはりIS絡みでしょうか?。プーチン政権は、内戦の続くシリアで政府軍を支援して、ISへの軍事作戦を続けており、ISも報復テロを予告していますから。

消費増税延期が決定

 安倍晋三首相は通常国会が閉幕した1日、首相官邸で記者会見し、2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げを、2019年10月まで2年半延期することを正式に表明しました。

 安倍総理は世界経済の不透明感などを指摘、「リスクには備えなければならない。しっかりと手を打つべきだ」「内需を腰折れさせかねない消費税増税は延期すべきだと判断した」と述べました。

 さらに、「参院選を通じて国民の信を問いたい」と、衆議院の解散総選挙は行わない意向を示しました。

 消費増税、2度目の延期が正式決定です。麻生財務省や谷垣幹事長は延期に反対で、延期するなら衆議院を解散、国民に信を問うべきとの意見でしたが、最終的には安倍総理に従ったようです。前回の延期の時には衆議院を解散、これ以上の延期はないと宣言したのですが、公約違反になってでも延期する方を選びました。安倍総理は、余程今の経済状況に不安を感じているのでしょう。後は参議院選挙で有権者がどう判断するか、です。