消費増税延期が決定

 安倍晋三首相は通常国会が閉幕した1日、首相官邸で記者会見し、2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げを、2019年10月まで2年半延期することを正式に表明しました。

 安倍総理は世界経済の不透明感などを指摘、「リスクには備えなければならない。しっかりと手を打つべきだ」「内需を腰折れさせかねない消費税増税は延期すべきだと判断した」と述べました。

 さらに、「参院選を通じて国民の信を問いたい」と、衆議院の解散総選挙は行わない意向を示しました。

 消費増税、2度目の延期が正式決定です。麻生財務省や谷垣幹事長は延期に反対で、延期するなら衆議院を解散、国民に信を問うべきとの意見でしたが、最終的には安倍総理に従ったようです。前回の延期の時には衆議院を解散、これ以上の延期はないと宣言したのですが、公約違反になってでも延期する方を選びました。安倍総理は、余程今の経済状況に不安を感じているのでしょう。後は参議院選挙で有権者がどう判断するか、です。