ユーチューブ、北朝鮮宣伝サイトのアカウントを停止

 動画投稿サイトの「ユーチューブ(YouTube)」が、北朝鮮の宣伝サイト「ウリミンジョッキリ(わが民族同士)」のアカウントを停止しました。

 ウリミンジョッキリは、北朝鮮の核開発やミサイル発射を誇示したり、金正恩朝鮮労働党委員長を賞賛したり、アメリカを威嚇するような動画を次々と投稿していましたが、9日にチャンネルが閉鎖され、動画も視聴できなくなっています。

 ユーチューブはアカウント停止の理由を「コミュニティーガイドライン違反があったため」と説明していますが、詳細については触れていません。ただ、北朝鮮はこのアカウントから広告収入を得ており、これがアメリカの対北朝鮮制裁に抵触する恐れがあるので、それが理由かも知れません。

 ただ、ウリミンジョッキリが配信する動画は、北朝鮮の兵器開発等について専門家が推測するための数少ない材料の一つで、閉鎖によって北朝鮮の動向追跡が難しくなる可能性があります。

 なお、ツイッターやフェイスブックのアカウントはまだ閉鎖されていないようです。