渡辺陽太容疑者、5回目の逮捕

 神奈川県警捜査1課と神奈川署は、他の強制性交と窃盗等の疑いで逮捕されていた慶応大学2年生の渡辺陽太容疑者(22)を、強制性交未遂の疑いで再逮捕しました。

 渡辺容疑者は大学のサークル仲間とみられる自称大学生の男(20)と共謀、男の自宅マンションで女子大学生の両手を縛り、目隠しをして「外したら殺す」と脅して性的暴行を加えようとした疑いが持たれています。男のスマートフォンに残っていた動画から事件が発覚したもので、渡辺容疑者はこれが5回目の逮捕です。

 渡辺容疑者は女性の腹を蹴るなどの暴行容疑で現行犯逮捕されていましたが、10月16日、酩酊状態の女子大学生(別大学の1年)に性的暴行をしたとして準強制性交容疑で再逮捕。更に同月19日、別の女性にも準強制わいせつと昏睡強盗を働いていたことが判明して再逮捕。11月27日には専門学校に通う女性(当時19歳)に性的暴行をした上財布を盗んだとして再逮捕。

 そして今回5回目の再逮捕となりました。渡辺容疑者、2016年のミスター慶応コンテストに出場していたそうですが、逮捕されたら次々余罪が発覚して大変なことになってます。絵に描いたような女性の敵、よくもここまで。犯罪者というのは、一度成功すると大胆になるそうですが。

 これは下手をすると氷山の一角で、他にも被害者がいるかも知れません。